ゴルフは以下に少ない打数でコースを回れるかを競うスポーツです。マナーに気を付ければ初心者でも楽しめます。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

ゴルフをするうえで必要なルール、マナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い人からお年寄りまで幅広い年齢層の方が出来るスポーツであるゴルフですが、紳士のスポーツということもあり、マナーが厳しそうなどの理由で始めるのに躊躇される方がいると思います。なので、今回はゴルフのマナー、ルールについて書いていきたいと思います。

まず初めにゴルフのルール、マナーについて書いていきたいと思います。ゴルフの一番重要なルールはいかに少ない打数でコースを回ることが出来るかです。この時のスコアは基本的に空振りを含むボールを打った数+ペナルティにより加えられる数の合計でカウントされます。この時、ペナルティにはOB(各ホールの規定の場所から外に出てしまったことによって発生するペナルティ)、ウォーターハザード(打ったボールが池に入ってしまうことで発生するペナルティ)などがあります。また、マナーとしては服装に気を付ける必要があります。服装は男性・女性ともに襟付きのトップスとパンツルック、シューズが基本となります。これはコース内だけでなくゴルフ場の敷地全部でこの服装である必要があります。他にも時間に遅れない、打つ人への邪魔をしない、グリーン上で走らない。バンカーで打った後ならして出るなどがあります。これらを守るだけで、初心者でも気軽に楽しむことが出来ます。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.