昔はお金持ちの趣味というイメージだった、ゴルフですが、今は子どもから大人まで、楽しめる時代になりました。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

今や子どもから大人まで楽しめるゴルフ

このエントリーをはてなブックマークに追加

バブル期以前ですと、ゴルフといいますと一部のお金持ち、年配の男性がやる趣味というようなイメージが、大きかったように思いますけれども、バブル期に差し掛かり、ヤングエグゼクティブと呼ばれる、下の世代の層の男性や若い女性などの間にも、受け入れられステータスの一つとして、間口が広がった感があります。一時はゴルフ場の会員券が、莫大な金額で取引されるというような、時代もありましたが、そのようなイレギュラーもバブルの終焉以降は、影を潜め「ゴルフ=お金持ち」というイメージから、庶民にも始めやすい、趣味の一つになってきていると感じます。

そのような状況に加え、昨今に於けます日本国内の、若いプロゴルファーの華々しい活躍の、顕著ぶりによりまして、日本のプロゴルフのレベルが、世界に十分に通用するようになったというポイントも、大きな要因といえるかと思います。若いスター選手に憧れ、子どもの頃からゴルフというスポーツに触れ、親しむという絶対数自体が、底上げされてきていますから、子どもが始めた事によって、一時はやめていた親の世代が再び始めたり、子どもと一緒にスタートするというそうも増え、個人競技でありながら、家族の絆も深まる趣味としても、人気があります。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.