ゴルフ初心者の私が会社のコンペに参加したのをきっかけにゴルフの魅力を知り、好きになった理由について書きました。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

初心者の私がゴルフが好きになった理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人になってからゴルフをする機会があり、最初は付き合いと割り切って始めました。ゴルフはお金がかかるという印象が強く、社会人一年目の私にはあまり興味がなかったのです。就職した会社は年に一回ゴルフコンペがあり、初心者から上級者まで誰でも参加できるということで、初心者の私も上司に勧められて参加しました。

いざホールに出てみると、ゴルフ場の広さにまず驚きました。視界がサーっと開けていて、とても爽快でした。綺麗に整えられた芝生の上を歩くだけでも気分が良かったです。もちろん初心者なのでスコアは散々でしたが、普段あまり接する機会のない上司に、スイングの仕方やパットの打ち方などいろいろ丁寧に教えて頂き、コミュニケーションをとることができました。初めてのラウンドはただただボールを転がして走るだけでしたが、とても楽しくてもっと上手になりたいと思うようになりました。

ゴルフを自分でやってみるまで、ゴルフの魅力があまりわからなかったのですが、一度ラウンドしてみてなんとなくわかるようになりました。日頃狭いデスクで仕事をしていると、あの広いコースにでるだけで開放的になり、ストレスが発散されます。移動中、同じグループの人と年齢肩書き関係なく、ゴルフを通じてコミュニケーションを図ることができます。また、単純に上手に打てたら気持ちがいいです。ゴルフにはまる人の気持ちがわかるようになりました。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.