ゴルフをするときは、先に先にシミュレーションをしながら楽しむようにします。過去の失敗も重要な情報です。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

ゴルフではシミュレーションしながらのプレーを楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンピュータを使ったゲームをすることがあります。楽しいのは、少しずつ先を読みながら行うことです。自分と同じようなプレーヤーがいて対戦することもあれば、コンピュータが相手になることもあります。どちらにしても、この先にどうなるかを考えて行動をしていきます。上手く行けば勝つことができますし、上手くいかなかったり相手に行動を読まれたりすると不利な状況になることもあります。一度失敗をすると、それを経験にして強くなれるのです。

ゴルフもゲームとおなじになります。明確な対戦相手がいるわけではありませんが、できるだけ良いスコアになるようにどのように打ってばいいかを考えます。フェアウェイの真ん中をキープするのがいいのか、林を越えて一気にグリーンを狙ったほうがいいのかを考えたりします。相手よりも有利な位置にいれば無理せず刻むでしょう。負けているなら少し勝負に出たほうがいいこともあります。何方が良いかを考えながら行っていくのです。

この楽しみのためには、どんどん失敗をする必要があります。失敗をすると、どういったことはできないとのことがわかります。失敗しないとそれがわからないのです。失敗をどんどんすると、練習をしますし、シミュレーションの時の情報も増えます。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.