私もゴルフを始めて、数年がたちました。ゴルフ場にも、数多くいきました。今のゴルフについて書きます。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

最近のゴルフで思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が、ゴルフを始めたのが10代後半でした。最初は、お金持ちのやるスポーツだと思い、全く興味がありませんでした。しかし、練習場に、何度も足を運び、たくさんの練習ボールを打っていくうちに、コースに出たいと思い始めました。練習場のボールの単価も、1玉数円と思うと、非常に高いイメージです。しかも、練習場のボール購入では、事前にカードを買ってから、練習することになります。カードでボールを打つようになってから、どんどん打ってしまい、どのくらいカード残が、残っているのか、わからなくなります。私は、数か所の練習場にいきますが、ほぼカード購入にて練習することになっています。

私の練習場の感じだと、コースとは全く違うことに驚きました。練習場の立っている場所での、クラブは芝と違ってすべり、クラブが草に絡むことは全くありません。しかし、コースに出ると、練習場とは全く違い『だふる』のです。芝生だけ打ってしまい、ボールは全くとびません。たくさんのスポーツを経験してきましたが、止まっているボールを打つのが、こんなに難しかったのかと思うと、ゴルフは奥が深いなと思いました。しかも、最近では、キャディーなしが主流になりつつあります。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.