ゴルフは手軽に始めることができるスポーツです。今回は、ゴルフの打ち方について説明していきます。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

ゴルフの打ち方について

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い季節になると、どうしても家の中に籠りがちになりますよね。出掛けようとしても、なかなか思うようにいかないということもあると思います。しかし、適度な運動をしていないと身体の健康も維持しにくいですから、何か熱中できるスポーツを見つけるべきです。そんなとき、手軽に始められるのがゴルフです。ゴルフといっても、いろいろなコースを回るタイプのものではなく、打ちっぱなしゴルフが初心者には最適でしょう。クラブも店で貸してくれる場合が多いですし、少し身体を動かしたいときにはとても助かると思います。しかし、打ち方がわからないという人も多いと思うので、今回はそのことについて書いていきます。

まず、ゴルフクラブの持ち方についてですが、野球のバットを持つときのような構えではいけません。右利きの場合、左手の人差し指と右手の小指を絡めるようにして持ちましょう。こうすることで、安定したショットを打つことができるようになります。次に打ち方ですが、クラブを肩の上まで持っていき、円を描くように思いっきり振りましょう。最初のうちは当たりにくいかもしれませんが、徐々に慣れていくので何度も練習してください。このように、ゴルフは比較的簡単にできるスポーツなので、是非挑戦してみてください。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.