ゴルフは道具を使い分けるスポーツと言えます。ドライバーからアイアン、パターなどを使い分けます。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

ゴルフは道具の使い方でスコアが変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加

道具を使うスポーツはいくつかあります。球技に多いかもしれません。まずボールがあります。サッカーなどは体で扱いますが、野球はバットやグローブで扱うので道具が増えます。増えると言っても、一人に一組ずつあれば大体が済ませられてしまいます。それほど沢山の道具を持ち歩く必要がないのです。その中で道具を沢山持ち歩き、場合ごとに使い分けることによってスコアを良くしようとするものがあります。それがごゴルフになるでしょう。

必ずしも多くの道具を保つ必要はありません。一本だけを持ってファーストショットからパットまで行っても問題はありません。でもそれぞれの場面に応じてそれにあったクラブを持つと数字も変わってきます。まずはドライバーと呼ばれるものがあります。非常に長いクラブで、当たると遠くまで飛ばすことができます。その他にはアイアンと呼ばれる倶楽部があります。それぞれに番号が付けられていて、状況で何番アイアンを使うかなどを決めます。

よく飛ばせる人はそのクラブでどんどん遠くに飛ばします。一方で細かく刻むことによって確実にパーを狙うこともあります。体力がなくなって飛ばせなくても、刻めばそこそこいい数字を残すことができるのです。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.