ゴルフにおいては、年齢を問わず楽しめるスポーツと言えます。争いますが、プレーは一人ずつ行います。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

ゴルフは年齢を問わず楽しむことができる

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い人がするスポーツとして野球やサッカーがあります。どちらにおいてもスピードや体力などが必要になります。若い人であれば、たとえしたことがない人でもすぐになれて行えるようになります。しかし年齢が高い人になると簡単にはできません。同じような年代の人ばかりであればできるのかもしれませんが、若い人の中にいきなり入っては突き飛ばされたりしてけがをすることもあります。周りに気を遣いながら行わなければいけないでしょう。

スポーツの中でも年齢を問わず行えるものとしてゴルフがあります。一応スコアがあり、競争がありますから、若い人と争って勝った負けたはあります。争うと言ってもぶつかり合いながら行うわけではありません。スコアを競うだけです。グループで周ることがありますが、グループ内で誰かと誰かが一緒に打つことはありません。誰かが打つときは周りの人はその様子を見ることになります。自分のペースで打つことができるのです。

スコア上の勝負に関しては、ハンディキャップ制が一般化しています。それを自己申告をしてグループ内で順位を競うことになります。若い人は少なく、高齢の人は多いかもしれません。そのために勝つか負けるかわからない争いが可能になります。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.