ゴルフではショットの練習が必要です。フルショット、ハーフショットのほかバンカーショットなどが必要です。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

ゴルフにおいてショットの種類がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツの中には技が沢山あるものがあります。最初は基本的な技を身につけるようにし、それらができるようになると徐々に技を増やすようにしていきます。より複雑な技を行ったり、場合によっては自分で技を作り出すようなこともあります。そうすることによって徐々に上達できるようになってきます。技の覚え方としては、人の技を盗むことになるでしょう。盗むと言っても本などで紹介されていますから、それらを覚えればいいだけです。

ゴルフといいますとボールを遠くに飛ばすだけのスポーツのように思えます。技などあるのかと思うのですが、技が大事です。ますはフルショットです。力いっぱいスイングをするものです。まっすぐにしかも直線的に飛ばす必要があります。スイングにブレがあると真っすぐ飛びませんし距離も伸ばすことができません。スイングをしっかり行い、その上で力をしっかりと加える必要があるのです。フルショット以外にハーフショットなどもあります。

これらについては練習場でも行えますが、ラウンドにおいて行うものとしてはアプローチ、バンカーショット、パッとなどがあります。これらは練習場ではできません。できなければ、バンカーかられられず、カップインできません。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.