ゴルフ場においては、服装は襟付きのシャツにスラックス、専用のシューズです。グローブやマーカーも必要です。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

ゴルフ場でのプレーでは必要なもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス料理のレストランではドレスコードと呼ばれるものがあります。一定の服装でないと入店できないようになっています。女性ならスーツやドレスなどが必要です。着物でも大丈夫です。男性もスーツが基本でジーンズや襟のないシャツなどは断られてしまいます。お店においては自分一人だけが食事をするのではなく、多くの人も食事をすることを忘れてはいけません。そのお店のルールで食事をすることを心がけると覚えておきましょう。

ゴルフにおいて、練習場に行く時にどのような格好で行っても特に問題はありません。ジャージの上下、ティーシャツにジーパンでも問題ありません。しかしラウンドするときにはそれではいけません。決められたスタイルのウェアが必要とされています。一般的には襟のあるシャツにスラックスとなっています。女性であればスカートなどを着用することもあります。ティーシャツなどは着ることができず、ジーパンも不可のコースがほとんどでしょう。

その他、プレーで必要な道具も持っていきます。ボールは貸してくれるわけではありません。自分で持っていきます。初心者なら無くす可能性が多いので最低1ダースぐらいは持っていきます。グローブやマーカーなども必須のものです。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.