ゴルフをするときに、ボールを飛ばすことを楽しむことがあります。練習場でも十分楽しむことができます。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

ゴルフではボールを飛ばしすことを楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球のオールスター戦においてあるイベントが行われます。それはホームラン競争と言われるものです。セパの長距離打者が登場してとにかくホームランのみを狙います。投手は野手などが打ちやすいボールを投げてできるだけたくさん打ってもらうようにするのです。実際のプレーではホームランはそれほど出ません。プロの投手の渾身のボールを打ち返す必要があります。それでもこれによって遠くへ打つ楽しみを味わうことができるのです。

ゴルフにおいては、ホールごとに決められた打数でボールをカップインできるかを競うものです。できるだけ少ない打数だと良いとされます。遠くに飛ばすことができるとより少ない打数にする確率も増やせますが、必ずしも遠くへ飛ばせる人が少ない打数になるとは限りません。いかに狙った所に打てるかが大事になります。でも実際にはドラコン賞と呼ばれるものが設定されるコースがあります。どれだけ飛ばしたかを競う事になります。

どれだけ飛ばしたかについて必ずしもコースに出る必要はありません。打ちっぱなしの練習場に行けばいくらでも飛ばすことができます。ラウンドするよりはお金も安く済ませることができます。飛ばす目的で続けるのもいいのでしょう。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.