ゴルフにおいて、男女が一緒にプレーできるように差が出ないようにされています。レディースティーがあります。

ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない
ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない

ゴルフでは男女の差が少なくなるようにしている

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツを見ていると男女が一緒に行うものはあまりみられません。プロスポーツはもちろん、オリンピック競技においても男子、女子と分けられていることが多いです。フィギュアスケートで男女のペアがあったり、バドミントンのダブルスで男女混合のものが見られるものがあります。基本的には男性の方が筋力、体力があるとされます。そのために男女を分けて行うようになったのでしょう。年齢が低いと女子が男子を上回ることはあります。

ゴルフにおいても、プロの場合は基本的には男女別々でトーナメントが行われます。国別対抗などで男女がペアになって行うようなことがありますがそれは特殊なケースでしょう。一般の人が行う場合にも男女は別々に行ったほうがいいのかですが、あまり差がでないような工夫はされています。ティーショットの位置といいますと誰もが同じように思われるのですが、実際には差が設けられています。一般的な男性ならフロントティー、女性ならレディースティーから打ちます。

男性でもプロやシングルと言った人たちはバックティーと呼ばれるところから打つことがあります。男性の初心者であるフロントティーからは少し離れたところです。このようにすることで、差が起きにくくしているのです。

Copyright (C)2017ゴルフにおいてはただプレーすればいいわけではない.All rights reserved.